原発反対・原爆反対・動物実験反対・野口英一・山梨日日新聞・山梨大医学部・アウシュビッツ・健康科学大学長笹本憲男・山梨県知事後藤斎・森林総合研究所長池卓男主幹研究員・飯島勇人・県やまなし産業支援機構・ニプロ医療電子システムズ上田満隆・富士川・山梨大融合研究臨床応用推進センター・株式会社富士通研究所・尾崎光男・遺猟疹性奇・若山照彦・甲府市大津町・植松利仁・桑原久美子・・富士山世界遺産・大月おつけだんご・青柳秀弥・久保田健夫・渡辺真沙美・坂本一真・甲斐駒ヶ岳・ブログ王・武田信玄公・ニプロ佐野嘉彦・勝沼・昇仙峡・甲府ジュエリー・中部横断道・動物愛護・動物保護・動物福祉・動物解放・動物差別根絶!!愛!にほんブログ村!忍者ブログ・Jimdo・とれまが・リンクリック・pingoo・goo・ブログの惑星・Ainw・人気Web!!明野最終処分場赤字額複数問題・FC2・ライブドア・seesaa・webry・人気ランキング・blogram.jp・ブログランキングNO1・みかりんのささやき!子宮頸癌ワクチン副作用被害者支援!!! 忍者ブログ

穢れ無き命の為に・・・

アウシュビッツのような人類の汚点である原発・原爆・動物実験は この世からなくなればいい!おぞましい実験を今すぐやめても、 現在の医療水準は保てます。欲望と恐怖の為に、無垢な命の苦しみを増やそうとするある新聞社のある方の、心を見抜き続ける心秘評論ブログです。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT

06.17.08:00

無垢な命に優しい山梨の皆さま!素晴らしいブログ記事を転載させて頂きました。

 

 


“ 幸三郎のブログ” より

母国・日本の思想と現実 あなたは?

http://ameblo.jp/juntomotomo/entry-11551496431.html


2013-06-13 20:01:23

テーマ:動物保護愛護





私の母国は 日本

日本から1歩も出た事がない私でつが

その 母国・日本を 愛せない


物を大切にしない国

命を守らない国

命を尊ばない国

動物を "" 扱いする国

それが 私の母国 日本 です


悲しいでつ


日本は 確かに "物溢れる国" ですが "命を殺し続ける国" でもあります

食肉・毛皮・殺処分・動物実験・自然,環境破壊....

全て 日本で起こっている事であり

また 買う人間の責任でもあります


勿論 この私も 不本意ながら加担し 矛盾の中 生き暮らしています

そんな自分が嫌になります

が 快適な生活を 捨てれずにいるのも事実です

そんな私が 書くのも矛盾しますが


しかし 私は

毛皮は買わない

本革製品も買いません

肉を食さない

極力 動物実験された製品は買わない

自分の薬はジェネリックにし また 今以上の医療の進歩を望まない

ペットは捨てない。最期まで愛し続けます

出来る限り 極力 命を守り 命に優しく生きていきたい


そぅ...


それだけじゃダメだと 解ってる..

だから 私は矛盾してます

だけど せめて 私くらい 皆が思えば 罪なき命が奪われるのを かなり減らせると思いませんか?


こういった事を書くと よく

"じゃあ 自分の子供が難病になっても同じ事が言えるのか"

と 抗議されますが

私の答えは "YES" です。

私は我が子を亡くしてます

悲しみも よく 解ります

解っていて なお 思う事です


また "害獣に苦しむ農家がいる"

とも言われますが

はいはい。 人は 何でもできます。やる気さえあれば。死に物狂いになれば。しかし
動物はそうではありません。

卑怯にも人間は 武器を使い 動物を殺します。

動物は武器を持ちません。

動物も 生きています

私たち同様に 感情もあります

私たち人間より遥かに深い愛を持っています

私たちみたいに"自分さえ良ければ…人間さえ良ければ…"などという身勝手な生き方はせず
自然と共存し生きています。

害獣に苦しむ?ならば 場所を変えればいい。知恵を絞ればいいのでは?


また 熊やキツネ タヌキなどが平穏に暮らしていた山を 私たち人間が立ち入って行ったのです。

動物達の暮らす山に 人間が自ら入ったのです。

先住者は 人間ではありません。


食肉に関しても

"人は肉食だ" とか "肉を食さなければ栄養バランスが"

とか 言う方がいますが

はぁ? 人間は 雑食です。


また 肉を食さなくても 充分生きていけますし 逆に 肉を食すから病気になりやすくなるのですよ?


また 私の命は 沢山の罪なき動物の命より 尊ばれるものではありません。

自然破壊に加担し 救いたい命をも救えずにいる この命が どれほど価値があるというのか?

沢山の命を犠牲にするほど 私の命に価値はありません

皆様もそうですよ

1つの命 は 1つの命の価値です


また "じゃぁ肉食動物は…" と来たりしますが

肉食動物は肉食 です

勿論 命を奪い 生きる動物ですが 私たち人間みたいに 無駄に殺したりはしません

命に感謝し また 命を尊び生きているのです

しかし 私たち人間は雑食です

肉を食さずとも 生きていけるのです

まだまだ批判や抗議はあるでしょうが

"命を尊ぶ" という事を

ただ "いただきます" "ありがとう" "ごめんね" で済ませないでほしい

言葉は言葉でしかありません

いくら悔やんでも 嘆いても

1度失った命は戻らないのです

動物実験を

食肉を

毛皮・革製品を

殺処分を

正当化するなら 何故 人間は その犠牲にならないのですか?

人間 も 動物です

人間以外の動物も生きています

その違いは 何?


人間は 人間さえ良ければいい という 身勝手極まりない思想を 捨てなければならないとは
思いませんか?

では あなたが 食されるために囲われた

牛だったら?

豚だったら?

鶏だったら?

毛皮にされる キツネだったら?

死ぬより残酷な実験に使われる検体だったら?

家族から捨てられ 殺されたら?


何故 逆の立場になって物事を考え 感じれないのですか?

結局 "自分じゃないから…" ではないですか?

ならば あなたの子が その立場になっても 考えは変わりませんか?

食されるのが…

皮を剥がされるのが…

実験に使われるのが…

あなたの子だったら?







 




 
































 




















PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら