原発反対・原爆反対・動物実験反対・野口英一・山梨日日新聞・山梨大医学部・アウシュビッツ・健康科学大学長笹本憲男・山梨県知事後藤斎・森林総合研究所長池卓男主幹研究員・飯島勇人・県やまなし産業支援機構・ニプロ医療電子システムズ上田満隆・富士川・山梨大融合研究臨床応用推進センター・株式会社富士通研究所・尾崎光男・遺猟疹性奇・若山照彦・甲府市大津町・植松利仁・桑原久美子・・富士山世界遺産・大月おつけだんご・青柳秀弥・久保田健夫・渡辺真沙美・坂本一真・甲斐駒ヶ岳・ブログ王・武田信玄公・ニプロ佐野嘉彦・勝沼・昇仙峡・甲府ジュエリー・中部横断道・動物愛護・動物保護・動物福祉・動物解放・動物差別根絶!!愛!にほんブログ村!忍者ブログ・Jimdo・とれまが・リンクリック・pingoo・goo・ブログの惑星・Ainw・人気Web!!明野最終処分場赤字額複数問題・FC2・ライブドア・seesaa・webry・人気ランキング・blogram.jp・ブログランキングNO1・みかりんのささやき!子宮頸癌ワクチン副作用被害者支援!!! 忍者ブログ

穢れ無き命の為に・・・

アウシュビッツのような人類の汚点である原発・原爆・動物実験は この世からなくなればいい!おぞましい実験を今すぐやめても、 現在の医療水準は保てます。欲望と恐怖の為に、無垢な命の苦しみを増やそうとするある新聞社のある方の、心を見抜き続ける心秘評論ブログです。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT

03.30.13:15

レオノーレ 5 ・16  ホスピス・・・2012年4月

 

 

 

父は、浴びるように飲んだ酒を40歳でやめ、煙草だけは吸っていましたが、6●歳で、

肝臓癌で、苦しみながら死にました。

母は、酒も煙草も全くやらず、7●歳で、肝臓癌で、それほど苦しむ事も無く、安らかに死にました。

私も母と同じで、酒も煙草もやりませんが、肝臓がんで死んで、あの世で、「 やっぱり家族って

似るもんだね!みんな同じ肝臓癌だもんね!」と、話したいと思っています。

 

 

< 生きざまは、死様 !>というお言葉を、然る高名な先生のお話で聞きましたが、

私も黒権黒企も全て、死亡宣告を受けている身ですから、最期が必ず来ます。

 

終末医療は、大変重要です。

延命措置を施しても、死ぬのは間違いないのですから・・・・・・・。

『 ホスピスが、山梨にいくつもあれば・・・・・・・』 と、本当に思います。

 

緑と清流と、清々しい風。

素晴らしい環境の中で、お茶目な猫ちゃん、優しいワンちゃん、可愛いウサギちゃんたちと

触れ合い、この世の最期を迎えるのは、なんと素晴らしい事でしょう。

 

無駄な延命措置は行わず、一日一日を噛み締めるように、ふさふさで柔らかい、温かな命たちを

抱きしめ、愛おしむ。

これこそが、純粋無垢な命たち の務めであり、私たちと共に生きる小さな弟・妹たちの務めです。

 

 

 



 

私が悲しみの中で沈んでいる時、森へ散策に行きました。

そこで初めて、子鹿のバンビを見ました。 お母さんと一緒でした。 

小雨にぬれ、新緑の中にたたずんでいました。

 

     美しい絵画のようでした。

 

もし、緑豊かな山梨の自然の中、森で生きる鹿たちと触れ合うことが出来る環境の中に

ホスピスがあるのなら、私はぜひ、そこのホスピスに入所して、そこで死にたいと思います。

  

自分の人生の場面を出来るだけたくさん、出来るだけ素直に思い出し、この人生の幕を引く

作業をしたいと思います。

 

そんな時、鹿の親子と遇ったなら、『この小雨ならいいけど、台風の時はどうしているんだろう?』

『 大雪が降ったら、あの子鹿はもう、身動きできなくなってしまうだろう・・・・?』 

そういえば以前、命に優しかった●●さんで、<冬に雪で動けなくなった鹿が餓死する>という記事を

読んだことを 思い出し、『私は 死を前に、どう思うのだろう ?』

 

死を前に私の心は、澄んでいく。

澄んだ心で思うことは、《 私たちはひとつの大きな命である 》 ということかもしれません ・・・













                     


















私は純粋無垢な命の悲しみを無くしたい ・ ・  ・   ・    ・     ・      ・









PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら