原発反対・原爆反対・動物実験反対・野口英一・山梨日日新聞・山梨大医学部・アウシュビッツ・健康科学大学長笹本憲男・山梨県知事後藤斎・山梨県庁平井敏男産業労働部長・県やまなし産業支援機構・ニプロ医療電子システムズ上田満隆・富士川・山梨大融合研究臨床応用推進センター・一瀬文昭森林環境部長・遺猟疹性奇・若山照彦・甲府市大津町・植松利仁・桑原久美子・・富士山世界遺産・大月おつけだんご・青柳秀弥・久保田健夫・渡辺真沙美・坂本一真・甲斐駒ヶ岳・ブログ王・武田信玄公・ニプロ佐野嘉彦・勝沼・昇仙峡・甲府ジュエリー・中部横断道・動物愛護・動物保護・動物福祉・動物解放・動物差別根絶!!愛!にほんブログ村!忍者ブログ・Jimdo・とれまが・リンクリック・pingoo・goo・ブログの惑星・Ainw・人気Web!!明野最終処分場赤字額複数問題・FC2・ライブドア・seesaa・webry・人気ランキング・blogram.jp・ブログランキングNO1・みかりんのささやき!子宮頸癌ワクチン副作用被害者支援!!!

穢れ無き命の為に・・・

アウシュビッツのような人類の汚点である原発・原爆・動物実験は この世からなくなればいい!おぞましい実験を今すぐやめても、 現在の医療水準は保てます。欲望と恐怖の為に、無垢な命の苦しみを増やそうとするある新聞社のある方の、心を見抜き続ける心秘評論ブログです。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT

03.06.19:27

2012.4.2 レオノーレ 1



 
山梨へ越して来て3年になる友人が、当初、地方紙には馴染みがなく、読んでいませんでした。


 が、 読むようになると、山梨の隅々までよく分かる内容で、だんだん、山梨県民になっていってると


 言っていました。



 
地元民の私には、当たり前でしたが、 特に ≪ 赤電話 ≫ の欄では、無料で「 仔犬差し上げます 」


 とか 「 仔猫差し上げます 」 とかあり、 『 本当に動物を大切にしている県だなぁ・・・』


 と、感心していました。


 今、友人宅では、この欄でもらった、猫の <ポール> と、犬の <ジョン>(仮名)が、大事な家族の


 一員に  なっています。



 
しかし、この≪ 赤電話 ≫がなくなり、有料のミニ広告になり、この不景気ですから、お金を払ってまで


 載せられない方もいるでしょう。


 紙面に於いて、動物に対する扱いを周到に順次に変えて行き、読者の心から、動物に対する優しさ、


 愛おしさ、哀れみの心を失くして行く流れがあるようです。


  


 動物愛護県をそうではない県にする為、 「 仔犬を差し上げます・仔猫をもらって下さい」 という、


 命を大切にする欄を廃止、有料にする。 



 
しかし、読者からの反感、反発を抑制する為、動物愛護の記事を 『 これでもか!』と、 多めに載せ、


 食傷気味に陥らせた所で、今度は愛護記事を、少しずつなくして行き、動物おもしろ記事だけにし、


 県民の心から、動物愛護・動物福祉の尊い想いを少しずつ弱め、少しずつ小さくして行っている事に、


 私たちは気づきました。


 












  寒い冬、冷たい雪、食べ物が無い山から降りて、人間の仕掛けた罠で、怪我をしたカモシカ  ・・・・・・・ 


 写真無しの記事を読んだ愛読者の皆さまは、行政、新聞社へ「 何とかしてあげて!」「助けてあげて!」


 「 何とか出来るだろう!」   と、命に優しい県民の抗議の、電話がいったことでしょう。


                                                            


 そこで 前足骨折で横になることも、歩くことできない状態ではあるが、


 体毛で被われているので、顔を見て、痛み、苦しみ、山へ帰れない悲しみを


 判別できない、大した事ない写真を載せる事で、抗議電話を減らしたのでしょう。


    


    


 その後、2m位の土手を下り、そこで、また動けなくなった写真が載りましたが、それで終わり  ・・・  。     


 

                あのカモシカは怪我が治り、動けるようになったのでしょうか  ・・・・・ 
























        2012年2月



   
何か言い知れない、醜い大きな力が、動物に対して行われている、そんな感じがしている中、 


   読者欄 には、山の中に、母犬と仔犬が捨てられた事が載りました。これは、担当の皆さまの悲痛な


   叫びともとれるのです。


   
   その後、冷たい雨が何日も降り続き、さらにまた、雪も降りました。


  犬小屋も無い山の中、木の葉も無い山の中、自由に使える手を持つ人間のように、仔犬を安全な


   場所へ運べない母犬は、この生まれた仔犬たちを、どうやって守ったのでしょう。もう、みんな、寒さと


   雪と飢えの中、成す術も無く、震えながら、凍えながら、捨てられた悲しみの中で死んでいった事でしょう。


   決して春を迎えてはいないでしょう。


 


   動物に対する優しさを少しずつ減らして行き、ラットの実験によって、人間は病気にならず、死にもしない、


   バブルな夢のような幻想を懐かせ、慣れさせ、おぞましい、残虐な施設を乱設し、動物福祉の県から       


   そうではない県へ、変えてしまうつもりでしょうか 
                                                                     ・  
                                                                         ・      
                                                                             ・           
  
                                                                             ?       


                                                                               






































『新聞の要約記事も著作権違反になる。。。』という事なので・・・


気をつけたいと思います。


今まで、それに対しての警告も無く・・・


やはりそこには《●●の良心の力》が働いていたのでしょう。


流石!


今回からは、紙面を読んでの感想・意見・提言・やろうとしている事・・・を載せて、


《命に優しい愛ある山梨県》を●●さんと一緒に守っていきたいと思います。


まさか、市民・県民・庶民・愛読者を潰しにかかる事はしないでしょう・・・?                   ??


 













COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら